2018年11月16日金曜日

ハートカフェ(遺族の会)開催しました。

ステーションのグリーフカフェ
「ハートカフェ」がありました。

出席いただいた方々の近況を伺いながら、
今年はハーバリウムを作りました。















それぞれ、その人らしい作品ができました。
今回いらした方々は、
いろいろな思いを抱えながらも
今の自分を生きていらっしゃいました。

貴重な時間、
関わらせていただいたことに感謝いたします。
今回もまたご縁をいただいたことに感謝いたします。

第4回ハートカフェリーダー 古田島直美
 
 
 
 
<所長のつぶやき>
 
4回目を迎えたハートカフェ
今年は7家族の方々がお見えになりました。
再会に泣いたり、笑ったり
前半はフローリストの講師をお迎えして、
それぞれ思いのこもったハーバリウムづくり
お花に癒されました。
後半はトークタイム
ステーションの考えである、「思いやりのあるまちづくりを目指して」や
ハートカフェの目的:ご家族、親しい方の死を体験し、大きな悲しみを持たれている方、そこに関わる看護師、セラピストのグリーフワークであることをお伝えしました。
ご自分の思いを語る方、聴かれる方それぞれでした。
スタッフも一言ずつ、思いをお伝えしました。
心に空いた穴はなくならないと思いますが、
人生の最後を一緒に看まもらせて頂いた晴山苑
いつでもお話が伺えるよう努めて参ります。
                                                     土屋清美


2018年11月1日木曜日

第20回褥瘡学会@パシフィコ横浜 2018.9.28・29


毎年参加している褥瘡学会に今年も参加しました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今年は埼玉医科大学形成外科教授 市岡滋先生が会長をされました。
内容は病院~在宅まで幅広く、またできるだけ現場の意見を吸い上げようとする思いが感じられる内容が多いと感じました。

エンド・オブ・ライフケアと褥瘡ケアをどう考えるかというシンポジウムでは
 
・体が辛くやってほしくないケア・望んでいないケアを本当にやらなくてよいか

⇒・何か辛くなくできる方法はあるか

 ・より良い生活とは?

 ・最善の方法とは?       を考えていくのが医療職の役割。

といういろいろな場面で起こる私たちの心の葛藤にポイントが当てられました。
エンド・オブ・ライフ期や褥瘡ケアに限らずある問題と思います。私たちはその方にとって何がより良い暮らしで、最善のことかを常に考えながら、仲間とディスカッションしながら、日々模索するのが役割なんだとあらためて感じました。
学習もさることながら、今回は事前登録者にビール無料券が付いていたり、ワインやソフトドリンクの無料提供もあり、お楽しみもたっぷりでした。

学会長を努められた市岡滋先生や開催にあたり協力された方々に感謝するとともに、いつもこの機会を与えて下さる飛鳥晴山苑にも感謝致します。ありがとうございました。これからの業務に反映できるよう頑張ります。
 
 
褥瘡ケアチームリーダー 看護師 久島 敏子
 
 
 
 
 
私は初めて学会に参加させていただきました。
 
会場に入るまでは「参加者みんなスーツなのかな?堅苦しい雰囲気なのかな?」シンポジウムでの話が難しくて理解できなかったらどうしよう」と不安でいっぱいでしたが、実際は会場全体もシンポジウムも和やかな雰囲気で内容も分かりやすかったです。
褥瘡ケアに限らず在宅場面で大切なことは「チーム医療」であること、チーム内格差がなく意見の交換が行いやすいことが重要になっていると改めて感じました。
多職種連携を図りやすくするためにお互いに顔の見える関係になること、次に腹を見せ合える関係になれると最高だということ、共通言語として医療用語を使わずどの職種が聞いても分かりやすい言葉で伝えること、その結果利用者様に良いケアを提供できるということを再認識できました。
また、リハビリ職としてポジショニングやシーティング等の求められていることに応えていけるように勉強していきたいと思います。
今回、学会に参加させて頂きたくさんの学び・やる気に繋がりました。ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
褥瘡ケアチーム 理学療法士 清水 友絵
 
 
《所長のつぶやき》
 
北区褥瘡対策TOKOωTOKOメンバー、沖縄から参加のWOC友人、前ステーション所長、
元ステーションスタッフ、ステーションの褥瘡ケアメンバー等、たくさんのお顔なじみの方々と学ぶ機会をいただきました。
 
知識のアップデート:#亜鉛の力 #ドレッシング材 #オムツ関連皮膚障害IAD等
響いた言葉:自分の周りにいい風を、自分がいい風になる。
 
慌ただしい毎日、私はいい風になっているか?
外部研修は自分を見つめるいい機会にもなります。
 
当ステーションでは褥瘡ケアメンバーが中心となり、新規利用者、褥瘡発生利用者のタイムリーなカンファレンス、月1回の褥瘡カンファレンスと2本立てで質の担保に努めています。
予防的視点、発生時のアセスメント、対策、ケア等スタッフ全員で考えます。
そのリーダーが褥瘡ケアチームです。
学会参加が個々のモチベーションやステーションの質の担保に繋がると考えます。
 
土屋 清美
 
Beer美味しい~
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年10月18日木曜日

学習会 認知症ケアチーム


ステーションでは毎月2回、ミニ勉強会として学習の場を設けています。
9月から認知症についての学習会がスタートしました。
国の対策・新オレンジプランの基本的な考え方は、「認知症の人の意思が尊重され、
出来る限り住み慣れた地域のよい環境で自分らしく暮らし続けることができる社会
の実現を目指す」としています。
この考えのもと、認知症ケアチームが学習内容の検討、学習方略等を作成しました。
第1回目、認知症ミニ勉強は「認知症ケアの倫理を理解する」でした。
少しずつ学習を積み重ね、ディスカッションし、目標に到達できるよう皆で研鑚して
いきます。

認知症ケアチーム
四季便り掲載

2018年10月9日火曜日

「日本エンドオブライフケア学会 第2回学術集会」

エンドオブライフにむけてすべての人の意思表明を支えあうケア

まだまだ暑さが残る9月15日、16日の2日間にわたり開催。
同僚のスタッフと2名で参加してきました。

今年のテーマは
「意思表明支援」
「ACP(アドバンス・ケア・プランニング)」

エンドオブライフ、意思決定というと終末期のイメージがありましたが、元気な時か
ら「自分自身がどうありたいか、どう生きていきたいか」と意思表明をする事が大事
であるという事に気付かされました。
また、人の気持ちは変わるという事が大前提であり意向の確認は1度行ったから
もういいという事ではない、と言うのも重要ポイント。
訪問看護師として、ご利用者様の機微な変化に気付きお気持ちをキャッチし理解者
でいられるよう、日々学び経験をつんでいきたいと思いました。(看護師 石井)




2018年10月5日金曜日

「北区は緑が多く、自然を感じられて落ち着ける場所」

休みの日に職場の近くにある、旧古河庭園に行ってきました。
旧古河庭園は完成し100年の時を迎えるそうです。
とても静かで落ち着ける場所。洋館、西洋、日本庭園もあり、見どころ満載です。
10月中旬から11月にかけて、秋のばらフェスティバルがあるので楽しみです。
下のクワガタは古河庭園のそばで、見つけました!!


平成30年9月1日 撮影


平成30年8月9日 撮影
理学療法士 山内

2018年9月28日金曜日

*第11回飛鳥晴山苑地域交流会!

 8月25日(土)とても暑い日でしたが、たくさんの地域の方が参加され
年一度の交流会が行われました。訪問看護は今年で4回目の参加。
健康相談コーナーとバザーを出店しました。
健康相談コーナーは1名。今後も皆様に周知していきたい!
バザーは毎年恒例のたらま島の名産品・スタッフの家にあるもの・そして【鈴虫】


8月に入り利用者様のご家族から、「たくさん生まれたので~」と頂いたのをきっかけに
10箱お願いし、販売させて頂きました。お陰さまで売り上げも好調でした。
ほんとうにありがとうございました。
私も1箱買い、家で育てています。うまく孵化して、来年も販売できるかな~

地域交流会チームリーダー 看護師  久島
 
 
 
 
<所長のつぶやき>
地域交流会は字のごとく地域の方々と触れ合う機会です。
バザーや健康相談を通し訪問看護の認知にもつながればと考えています。
 
ピンクの法被で訪問看護のPR!!楽しみました。
 
 
 
今年は各地で自然災害が起きています。
心から一日も早い普段の生活に戻れることを祈っています。
バザー収益の一部は寄付させていただきました。
 
土屋清美

2018年9月6日木曜日

お気に入りの制服

当ステーション看護師の制服はアイボリーとピンク色です。
リハビリスタッフは青色です。
襟元と腕のリバティ柄がポイントとなっています。
私は特にピンク色を着ると気分が上がります。
利用者さんにも「素敵ね~。かわいいわね~。」と好評です。
























今日も自転車で訪問行ってきます!

看護師 堀井